ポルトガル代表のチーム発足史

皆さんは、サッカーポルトガル代表のことはよくご存知ですか?ポルトガル代表がUEFA欧州選手権2016では3大会ぶりに決勝を獲得しました。UEFA欧州選手権2016の優勝を獲得したポルトガル代表も再度が話題になりました。今回の国際Aマッチ試合である「ロシアW杯」でポルトガル代表はどんな成績を取られますか。まずはポルトガル代表の発足史から一緒に見てましょう。

今回は、サッカーポルトガル代表の基本情報や年表などを簡単にご紹介します。

基本情報|

サッカーポルトガル代表はポルトガルサッカー連盟(FPF)によって編成されるポルトガルのサッカーのナショナルチームです。

監督:フェルナンド・サントス

キャプテン:Cロナウド(現役)

FIFAワールドカップ
出場回数 6回(初出場は1966)
最高成績 3位(1966)
UEFA欧州選手権
出場回数 7回
最高成績 優勝(2016)
国際Aマッチ年表|

ここでは、ポルトガル代表の年表を簡単にご紹介します。

・1914年
ポルトガルサッカー連盟が設立されました。

・1930年
ポルトガル代表はFIFAワールドカップが不参加の状況でした。

・1934年~1962年
ポルトガル代表はFIFAワールドカップが予選敗退の状況でした。

・1966年
イングランドW杯で3位を獲得しました。

・1984年
UEFA欧州選手権でベスト4を獲得しました。

・1996年
UEFA欧州選手権でベスト8を獲得しました。

・2000年
UEFA欧州選手権でベスト4を獲得しました。

・2004年
UEFA欧州選手権で準優勝を獲得しました。

・2006年
ドイツW杯で4位を獲得しました。

・2008年
UEFA欧州選手権でベスト8を獲得しました。

・2010年
南アフリカW杯でベスト16を獲得しました。

・2012年
UEFA欧州選手権でベスト4を獲得しました。

・2016年
UEFA欧州選手権で優勝を獲得しました。

まとめ|

ポルトガル代表は初出場となった1966年のイングランド大会以降、1986年のメキシコ大会、2002年の日韓共同大会、2006年のドイツ大会、2010年の南アフリカ大会、2014年のブラジル大会と合計6回のワールドカップに出場しています。クリスティアーノ・ロナウド、エウゼビオ、マヌエル・ルイ・コスタ、ルイス・フィーゴなどを筆頭に有名な選手を数々輩出しています。

強豪国と言われながら、長い間国際タイトルには恵まれていなかったが(地元開催のEURO2004では準優勝、ワールドカップでは過去最高3位)、EURO2016の決勝で開催国のフランス代表を延長戦の末に下し、悲願の国際タイトル獲得を果たしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です