ポルトガル代表、ロシアW杯に向けた2018新ユニフォームを発表!

ナイキとFPF(ポルトガルサッカー連盟)は本日、ポルトガル代表がロシア・ワールドカップで着用する新サッカー ユニフォームを発表した。

新しいホーム ユニフォームはポルトガル代表の美しさを基づいて、鮮やかな金色のメーカーロゴと番号はポルトガル代表の素晴らしさを表現した。

本日発表されたポルトガル代表 ユニフォーム、ホームは伝統の赤を基調としたデザイン。2018シーズンのフランス代表ユニフォームと同様に、Nikeの最新技術を駆使したハイスペックなアイテム。デザインは2018年のNikeテンプレート「ヴェイパーニット」(Vaporknit)がベースになっている。

ホーム ユニフォームの肩から袖にかけてのギザギザがヴェイパーニットの特徴的なデザイン。

襟口の緑のアクセントも特徴だ。

エンブレムの素材は以前の物よりも64%軽量となり、シャツは空気流量の増加により通気性が向上している。

胸・背番号と右胸のスウッシュ(Nikeロゴ)が金色を採用した。

#ポルトガル代表 7番 選手 クリスティアーノ・ロナウド

新しいアウェイ ユニフォームはポルトガル偉大の航海の歴史にインスピレーションを受けたもの。白をベースにヘアラインが織り込まれているが、中央に向かって大きくなる細かい緑色の十字架がドット状に散りばめられたデザインとなっている。

細かい緑色の十字架のデザインは航海中使う羅盤からインスピレーションを受けるという。

アウェイモデルのパンツとソックスも白基調。

ポルトガル代表 2018 シーズンのトレーニングウェアはこちら↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です